「あご」から作る出汁ってなに!?

差がつくあご出汁の知識

差がつくあご出汁の知識mainイメージ

九州の人にはお馴染み「あご」から作る美味しい出汁。トビウオからこんなに美味しいダシが取れるなんて…、驚きです。

「あご」から作る出汁ってなに!?

みなさん、「あご」って何だか知っていますか?

まぁ、まさか「知らない…」という人はいないと思いますが、

ここで私が聞いているのは顔についてる「顎」の事じゃないんですよ。

そう言われると…、「顎じゃないあごって何?」と思う人が多いでしょう。

「ああ、あれのことね…」と思ったアナタは九州出身ですか?

そう、「あご」とは「トビウオ」のことです。

九州では「トビウオ」で煮干のように出汁をとる文化が有り、

むかしから「あご出汁」と言われ広く親しまれているのです。

西日本の一部でも「あご出汁」は知られる存在ですが、

東日本の人からすると、「それって何?」という感じだと思います。

出汁には、いりこ出汁、カツオ出汁、昆布出汁等など、

色々と種類がありますが、この「あご出汁」の特徴は、

一口飲めばそれと分かる強力な個性があるところでしょう。

とにかく、他の出汁に比べると、味わいが上品でスッキリしている、

しかも独特の甘みと風味があるので、もうびっくりするくらい美味しいんです!

九州って何でも食事が美味しいイメージが有りますが、

それこそただの素うどんもとっても美味しいのですが、

その素うどんで使われている出汁の多くはこの「あご出汁」なんですね。

つまり、「あご出汁」なら汁だけでも十分美味しく頂けちゃうんです。

まだ「あご出汁」を体験したことないという人は…、勿体無い!

今どきは比較的大きなスーパーなら「あご出汁」が売っていると思います。

色々な料理に応用もできるので、ぜひ一度ご自宅でお試し下さい。

おすすめサイト=>[長崎県産あご使用!国産原料100%・完全無添加あごだしパック「幸せだし」の通販